愛犬の口臭の原因は?食生活、生活全般を見直してみる

ペットで飼っている犬の生活環境、そして食生活は年々変わってきています。

昔の飼い犬の生活、飼い方とは今は随分違います。昔、昭和の時代のペットの犬は、多くは戸外で飼われていました。鎖で繋げずに、自由に走り回っている犬も少なくありませんでした。今では考えられないですね。ご飯は、飼い主の家での余り物。ご飯、お味噌汁、おかず、、、。それらを丼に一緒に入れて、食べさせていたものです。

 

ドッグフードなど、ほとんど食べさせていませんでした。犬の食生活も大きく変化してきたのです。人間の日本人の食生活も変わっていきました。欧米化されて、肉食、そして脂肪分を多く摂るようになってきました。それとまるで同じように、犬の食事も欧米化され、ドッグフードを良く食べさせるようになってきたのです。そして生活環境も変わり、戸外から室内にと、生活する場所も変わっていきました。このような変化が、少なからず、犬の健康に悪影響を与えたのはまず間違いないことでしょう。食べるものは生きていく上で、大変大事です。

 

最近はペットに甘いものを食べさせたり、脂肪分が多い肉を食べさせたりと、健康を考えると疑問が残る行為を飼い主はするようです。犬の口臭の原因は、ひとつには、このような食事にあるのではないでしょうか。犬も人間と同じ動物です。臭みのあるものを食べさせれば、口は臭います。逆に口臭に良いとされるものを食べさせてみるといいでしょう。
ハーブを含んだ餌がいいと言われています。これはペットショップやホームセンターのペットコーナーで売られています。

 

犬の口臭予防のための餌として販売されています。このようなエサを時々与えることは犬の口臭に対して有効でしょう。あなたが飼っている犬の食生活、そして生活を見直してみましょう。エサによって、歯周病、歯垢がたまるものです。犬は人間のように簡単に歯磨きができるものではありません。大人の犬ならば、大変抵抗するでしょう。ですから、普段の食生活が大事なのです。適切なエサを与えていれば口臭は軽減できるはずです。

 

また生活はどうでしょうか。しっかりと運動をさせていますか。犬も人間と同じで、運動をせずに食べてばかりいると健康を害します。それこそ人間がかかる病気の糖尿病、高血圧なども発症してしまいます。同じように胃腸の具合を悪くすることもあります。そうなると口臭も臭うようになってしまいます。飼い主として、愛犬の食生活そして生活をしっかりと面倒みてあげることが、口臭の予防、対策にも繋がるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ